最近のトラックバック

« 快楽の館 / アラン・ロブ=グリエ | トップページ | ヘル / 筒井康隆 »

2006年2月18日 (土)

魔障ヶ岳 / 諸星大二郎

あれ、前の書き込みからもう2週間近く経ってしまってる。

このままでは、またずるずる書かなくなってしまうので、とりあえず漫画の話でも。

40歳になったのをきっかけに漫画の購入をやめたのですが、ひとりだけ例外があって、それが諸星大二郎さんです。

遠い昔(中学生か高校生の頃だったと思いますが)少年ジャンプで「生物都市」という短編読んで以来ファンになり、新刊が出れば自動的に買うという状態が続いています。

ただ困るのは、短編が多い作家のため、色んな短編集が組まれて作品が重なってることが多く、買ってみたら全部読んでいたというケースが結構あることです。それでも表紙が違ってるだけで欲しくなるんですけどね。

神話や古代中国を題材にした作品が多いのですが、独特の絵柄と、ちょっと他の作家にはないイマジネーションに魅了されてます。色々連作ものを書いておられる中で最近新刊で出たのがこれで、稗田礼二郎という考古学者が主人公のシリーズです。未完の作品がたくさんあるので早く書いて欲しいんですが、いつになることやら。「妖猿西遊伝」なんか1巻が出てからもう20年も経つのにまだ終わってないし。まあ気長に待ちます。

Kokolog6

« 快楽の館 / アラン・ロブ=グリエ | トップページ | ヘル / 筒井康隆 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19066/742906

この記事へのトラックバック一覧です: 魔障ヶ岳 / 諸星大二郎:

« 快楽の館 / アラン・ロブ=グリエ | トップページ | ヘル / 筒井康隆 »

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ