最近のトラックバック

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月12日 (日)

ヘル / 筒井康隆

久しぶりに筒井康隆さんの小説を読みました。日本人の作家で好きな作家を挙げろと言われれば迷わず、安部公房と筒井康隆の名前が出てきます。大学時代は筒井康隆さんの文庫本を次から次へと読み漁ったものでした。筒井康隆という作家は私にとって現代の様々な文学手法をエンターテイメントの形でわかりやすく、面白おかしく教えてくれる先生のような存在で、おかげで海外の現代作家の小説を読んでも大抵まごつくことなく、すんなり作品世界にはいることができるようになったと思います。

今回読んだ「ヘル」もなかなか実験的な小説ですが、こういう小説を私のようなできの悪い読者にも難渋することなく一気に読ませることのできる作家は珍しいのではないでしょうか。

物語は死んだ人間が死後訪れる「ヘル」という空間で生前の思い出やら、悔恨、人間関係などが、複数の登場人物の視点を絡み合わせて進行していきます。最後が少々肩透かしという気もしますが筒井ワールドを久しぶりに堪能しました。

このところ老人、老後、死者、死後といったテーマの作品が増えてるようなのが気になりますが、内容そのものは相変わらず過激なようです。最新作は老人同士が殺しあう、老人版バトルロワイヤルというような話だそうで、面白そうだなと思ってます。

Kokolog7

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ