最近のトラックバック

« OZ LIVE / OZ NOY | トップページ | 謹賀新年 »

2006年12月30日 (土)

ロリータ / ナボコフ

ナボコフは以前から興味を持っていながらあまり読んでいなかった作家です。ベンドシニスターというのを随分前に読んだきりで内容もわすれちゃいました。私は記憶力が悪いので結構何度でも同じ本を楽しめます。

で、ちょっと前にロリータの新訳版が出たときに買おうかと思いながらそのままにしてたら、早くも文庫化されて、詳細な注釈までついてるとのこと。これはもう買いなさいという神のお告げだと判断して買いました。

1955年に出版されたナボコフの超有名作で、ロリコンの語源になった小説ですが、読んだ印象としては随分モダンな小説だなあという感じです。訳文のせいかもしれませんが、今年書かれたと言われてもそうかと思うような新しさがあります。

解説でも言われてるとおり、様々な要素が何重にも絡み合っていて、読み手の嗜好で読み方が変わるような小説です。ナボコフは技巧的な作家として有名で、色んな言及や言葉遊びが盛り込まれており、知識貧困な私には正直何に言及してるのかわからない箇所が多数ありましたが、そういうことがわからなくても本筋の面白さは変わりません。もちろんわかった方がいいんでしょうが、そこら当たりはピンチョンなど現代作家に共通する特徴ですね。

新訳らしさという点では主人公の一人である女の子の言葉遣い(うざい、きもい)などに今時な感じがありました。こういう翻訳がいいのかどうか良くわかりませんが、以前ピンチョンのヴァインランドを読んでたとき、イタリア系アメリカ人の刑事がしゃべる言葉が大阪弁に訳されていて、非常な違和感があったのに比べれば特に気になりませんでした。

ところで詳細な注釈の件ですが、結末に触れる部分があるため、本文を一度読んでからでないと参照できない仕組みになっています。要するに最低2回は読みなさいということのようです。2度読みする価値は十分ある小説であることは確かですが。Kokologlolita

ついでながら古本屋で旧訳版を見つけたのでついそれも買ってしまいました。・・・そうすると3回読むことになるなあ。

« OZ LIVE / OZ NOY | トップページ | 謹賀新年 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19066/4724824

この記事へのトラックバック一覧です: ロリータ / ナボコフ:

« OZ LIVE / OZ NOY | トップページ | 謹賀新年 »

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ