最近のトラックバック

« キース・ジャレット・トリオ | トップページ | Time and the infinite / ADAM ROGERS »

2007年5月10日 (木)

大失敗 / スタニスワフ・レム

レム選集の4冊目です。今回の選集の目玉だと思ってましたが、そのとおりでした。

レムお得意のファーストコンタクトものです。この手のレムの作品は、コンタクトの相手とまったく意思疎通できず、まったく訳がわからぬまま何の成果も得られず失望の中で終わるというパターンがほとんど(全部?)なので、タイトルを見た瞬間、内容が推測できたような気になってました。

しかし、この作品は少々予測を裏切るものでした。少なくとも相手との意思疎通が成立するという今までに無い展開に大変びっくりしました。結末もレムの今までの作品とは違うもので意外な感じです。なんだか外交シュミレーションみたいになっていくんですが、なかなか緊迫感があります。

私がレム作品の最も好きなところは、視覚的なイメージの素晴らしさです。

どの作品においても科学的(架空の科学知識もふくめて)な根拠を踏まえて、見事な情景を文章化してくれます。作品の中で展開される様々な議論を重視する方も多いと思いますが、個人的には架空の惑星の情景を描き出すレムのイマジネーションに魅了されます。

Kokologfiasco

« キース・ジャレット・トリオ | トップページ | Time and the infinite / ADAM ROGERS »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19066/6372873

この記事へのトラックバック一覧です: 大失敗 / スタニスワフ・レム:

« キース・ジャレット・トリオ | トップページ | Time and the infinite / ADAM ROGERS »

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ