最近のトラックバック

« The Remedy / Kurt Rosenwinkel Group | トップページ | サッカー欧州選手権 »

2008年6月 9日 (月)

クラッシュ / J.G.バラード

J.G.バラードは私がSF小説ばかり読んでた中学生の頃から既にニューウェーブSFの旗手として大変有名な作家でしたが、このごろはSF作家とは呼びにくいような小説も結構書いていて高い評価を得ているようです。スピルバーグによって映画化された「太陽の帝国」なんかもそうですね。

今はニューウェーブという言葉も死語に近いですが、SFの中では宇宙から内宇宙にもっと目を向けようといったような趣旨で書かれた小説をそう呼んでたみたいです。

個人的にはそれほど好きな作家でもなかったんですが、なんとなく気になってつかず離れず付き合ってきた作家という感じです。この「クラッシュ」も以前一度読んでるんですが、今回文庫版が出たとの事で再読しました。この作品と「ハイライズ」「コンクリートアイランド」の3作でテクノロジーと人間な関わりを描いた3部作ということになってるようです。「コンクリートアイランド」は未読です。その昔半ば同人誌のような「NW-SF]という季刊誌があって、それに連載されていたのは覚えてるんですがその後長らく単行本化されませんでした。でも数年前発刊されているのを書店で見つけて、そのうち読もうと思ってたらどうも絶版状態のようですね。買っとけば良かったと後悔してます。

交通事故によって死ぬことに憑かれた男の話なんですが、テクノロジーと人間との歪んだ関係とでもいうのか、暴力とエロスに満ちたかなり危ない小説です。

デビッド・クローネンバーグ(だったっけ?)監督によって映画化もされていて、見たいと思ってるんですがまだ見てません。確か公開当時は成人指定だったような気がします。クローネンバーグってたしか「裸のランチ」の映画を撮った人だと思うんですが、この手の小説が好きなんでしょうね。

少なくともバラードの小説の中では一番好きです。今のところ。

Kokologjgcrash

« The Remedy / Kurt Rosenwinkel Group | トップページ | サッカー欧州選手権 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19066/21530974

この記事へのトラックバック一覧です: クラッシュ / J.G.バラード:

« The Remedy / Kurt Rosenwinkel Group | トップページ | サッカー欧州選手権 »

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ