最近のトラックバック

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月10日 (土)

白川 静  漢字の世界観 / 松岡正剛

白川静さんは漢字研究で有名な方で、以前から気になっていた人です。白川先生については最初、酒見賢一さんの「陋巷に在り」という小説で知りました。各巻の巻頭に1文字づつ、この白川先生の字典からの引用が掲げられていたんですが、それが大変面白くて、よほどその字典を買おうかと思ったものでした。結局字典なんか買っても本棚に並べるだけで終わっちゃうだろうと思いやめてたんですが、白川静という名前だけはずっと引っかかっていました。

その後書店などで結構著作なども見かけてたんですが、何せ予備知識がないためどこから手をつけていいのやらわからずそのままにしてたところへこの本が出版され、著者も松岡正剛という興味深い方だったので読んでみることにしました。

思ってたとおり中々面白かったです。漢字は中国において紀元前数千年前から現在に至るまでずっと生き残ってきためずらしい文字なんですが、そのためにその形の中に遠い太古の文化、生活、宗教観などを記憶として留めているという非常に重要な機能を持っているというのが基本的な考え方です。漢字ひとつひとつを例にとりながらそのあたりの意味を紐解いてくれるというのが白川静さんの本ということになりそうです。古代世界では生活の中に呪術的な行為や宗教儀式などが現実として溶け込んでいて、漢字を書きつけるということ自体が呪術的な行為として考えられていたそうで、そういった漢字の機能を呪能という言葉で説明しています。

酒見賢一さんの「陋巷に在り」を読んだ時、これは諸星大二郎の世界だと思ったんですが、どうもむしろこの白川先生の影響が強かったようですね。

白川静さんの著作は字典3部作以外に多数出版されており人気も高いようです。僕のような門外漢で白川先生に興味をもたれた方には、導入としてこの本は最適なのではないかと思います。

僕もこれからぼちぼち著作を読んでいこうと思ってます。

Kokologshirakawa

2009年1月 5日 (月)

シャイン・ア・ライト

遅ればせながら明けましておめでとうございます。

正月の間ダラダラ過ごした中、3日にスコセッシ監督のシャイン・ア・ライトを観て来ました。ストーンズのライブドキュメントです。ストーンズのライブ映画は過去にもありましたが、

ほとんど野外かスタジアムのような広いステージでのものだったと思います。今回は劇場内でのコンサート。しかし、年齢を感じさせないミックジャガーの動きは感動ものでした。

1曲目がスタートした瞬間、思わず声を上げスタンディング・・・・かと思ったら、皆さん非常に静かに鑑賞しておられ、こちらもせいぜい足でリズムを取る程度でおとなしくしておりました。少々欲求不満が募りましたが、内容は文句なし。

キースリチャーズもますます顔の皺が増えましたが、あの奇妙な腕使い(?)も相変わらず。途中何人かゲストが登場しましたが、バディガイの貫禄にはびっくりしました。スコセッシもこの人のアップを相当長い時間スクリーンに留めていましたが、非常に良い顔でした。

ストーンズは過去何回か来日してますが結局一度も観てません。ミックだけはソロで来たときに観ましたが、やはりストーンズ独特のサウンドとは違ったものでした。

もう来日はないかなあ・・・・

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ