最近のトラックバック

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月29日 (水)

闇の鶯 / 諸星大二郎

諸星大二郎さんの新刊です。今回は全て単行本未収録作品ということで重複なく楽しめました。うち2作品は妖怪ハンター周辺作品という感じで少しだけ稗田先生も登場します。

表題作の鶯もよかったですが、一つ目の作品が一番好きです。ストーリー自体はマンネリといっていいほどよくあるパターンなんですが、見開きページが1箇所だけあって、そのイメージが実に諸星ワールドしてます。諸星さんのマンガは全体にコマ割りが小さめで、あまり見開きなどの大きなコマは使われないんですが、その分インパクトがあります。妖猿伝でも大唐編のラストあたりでの孫悟空の大立ち回りのときに、見開きで画いておられましたが、あれも迫力がありました。

雑誌をぜんぜん読んでないので妖猿伝がどうなってるのか気になってますが、単行本化されてからの楽しみにしておこうと思っています。

Kokologuguisu

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ