最近のトラックバック

« 西遊妖猿伝 / 諸星大二郎 | トップページ | 安部公房全集 3 »

2009年7月26日 (日)

漢字 他 / 白川静

松岡正剛さんの白川静を読んで以降、「漢字百話」「古代中国の文化」「漢字」と3冊読んできました。白川さんの興味は中国の古代の民俗、文化の解明にあり、漢字はその手段であるという姿勢が3冊ともに共通して良く伝わってきます。古代人の世界観を漢字の字形の中から探り出していくという手法ですが、そういうことが可能な漢字という文字は非常に独特で、おそらく世界でも唯一のものだとのことです。

確かに他の文字は歴史のどこかで既に失われており、現代まで(少々変形しながらではあっても)保存されてきたというのは奇跡的な話だと思われます。他の文字の場合、その解読そのものに大変な努力と時間が必要ですが、漢字の場合多少の知識があれば紀元前に書かれた文章が今でも読めるという信じられないことが可能となるわけです。すごいですよね。

白川さんの著作の魅力は、漢字を通して描き出されてくる呪術的、宗教的な古代世界のイメージの鮮明さにあると思います。白川さんの描く世界が正解なのかどうなのかは僕にはよくわかりませんが、そんなことはもはやどうでも良くなってしまうような魅力があります。

正誤はともかく、漢字に関してあれだけ整合性を持った体系を独力で構築してしまった白川さんという人は、とんでもない人です。・・・といってもまだちょっと齧っただけなので、またぼちぼち白川ワールドを探検したいと思ってます。

Kokologkanji100

« 西遊妖猿伝 / 諸星大二郎 | トップページ | 安部公房全集 3 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19066/30707087

この記事へのトラックバック一覧です: 漢字 他 / 白川静:

« 西遊妖猿伝 / 諸星大二郎 | トップページ | 安部公房全集 3 »

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ