最近のトラックバック

« 一九八四年 / ジョージ・オーウェル | トップページ | 進化しすぎた脳 / 池谷 裕二 »

2009年8月26日 (水)

ダブリナーズ / ジェームズ・ジョイス

またまた、新訳シリーズ、超有名作家のジョイスに初トライしてみました。

ジョイスについては「フィネガンズ・ウェイク」の1ページ目を立ち読みして、これは無理と思って以来、難解作家のイメージが固まってしまい、読む気になれなかったんですが、つい魔が差してしまいました。「ダブリナーズ」は以前からダブリン市民とかダブリンの人々といったタイトルでいろんな方が訳されていましたが、これが原題のままのタイトルのようです。

わざわざ「ダブリナーズ」とした理由については後書きにも色々書いてありました。単にそこに住む人々という以上に「ダブリン気質」みたいなものも含んでのタイトルということのようです。ニューヨーク市民とニューヨーカーの語感の違いみたいなもんでしょうか。

読んでみての感想は、この短編集については少なくともさほど難解さを感じないですんだということ。ただやはり僕には短編小説に対する感性が相当欠けているなあと実感しました。1つめの話を読み終わってまず、「え?それで終わり?」と思っちゃいました。この時点で短編小説愛好家失格ですね。

少なくとも起承転結がはっきりしたような話はありません。日常的な1シーンを描いたような小説なんですが、非常にうまく登場人物それぞれの背景、相互関係などが浮かび上がってくるような感じで書かれています。書かれてない背景が感じられると言うか、なんというか・・・。

もう少しダブリンや時代背景がよくわかっていれば、より面白かったかもしれません。

さて、このあと「ユリシーズ」を読むかどうしようか迷ってます。挫折しそうだしなあ、長いし。でもジョイスの作品は大抵文庫化されているので安価で読めるので助かりますね。

Kokologdubliners

« 一九八四年 / ジョージ・オーウェル | トップページ | 進化しすぎた脳 / 池谷 裕二 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19066/31118355

この記事へのトラックバック一覧です: ダブリナーズ / ジェームズ・ジョイス:

« 一九八四年 / ジョージ・オーウェル | トップページ | 進化しすぎた脳 / 池谷 裕二 »

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ