最近のトラックバック

« 進化しすぎた脳 / 池谷 裕二 | トップページ | 若い芸術家の肖像 / ジェイムズ・ジョイス »

2009年9月13日 (日)

パノラマ島奇譚 / 丸尾末広

諸星大二郎さん以外のマンガを買わなくなって随分になりますが、魔が刺して買ってしまいました。

丸尾さんのマンガは大判の単行本であるせいか、大抵の書店で諸星本の近くに置かれているため良く目にしていました。表紙しか見れないんですけど、非常に気になってしょうがなかったんですね。懐古趣味的、猟奇的、耽美的といった感じが表紙からただよっていました。

パノラマ島は言わずと知れた江戸川乱歩の小説ですが、丸尾さんの絵と非常にマッチした感じがして、とりあえずこいつから読んでみるかという感じで選んでみました。とにかく絵が素晴らしかったですね。後半のパノラマ島の情景はまさにパノラマ絵巻で、この視覚化能力はすごいと思いました。ストーリーがどうのこうのと言う前にそのイメージに圧倒されるという感じ。

ちなみに僕は原作を読んでないので乱歩がどのようにこの情景を文章で表現しているのか知りません。特に乱歩ファンというわけではないので、子供向きの本で小さい頃何冊か読んだ程度です。

最後に明智小五郎がちょろりと出てきてあっけなく終わるあたり、この島の情景が描ければ後はどうでもいい(?)というところでしょうか。原作もそうなのかな?

Kokologmaruopanorama

« 進化しすぎた脳 / 池谷 裕二 | トップページ | 若い芸術家の肖像 / ジェイムズ・ジョイス »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19066/31354463

この記事へのトラックバック一覧です: パノラマ島奇譚 / 丸尾末広:

« 進化しすぎた脳 / 池谷 裕二 | トップページ | 若い芸術家の肖像 / ジェイムズ・ジョイス »

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ