最近のトラックバック

« ロシア文学講義 / ウラジーミル・ナボコフ | トップページ | ピーターガブリエルの新作のこと »

2009年12月12日 (土)

ピンチョンニュース

今日本屋さんでうろうろしてたら河出書房の世界文学全集版の「ヴァインランド」が出てました。
すでに新潮社版で読んでるんだけど、多少訳文の見直しなどなされてるだろうし、ちょっと欲しいきもちが湧いてきましたが、ぐっとこらえました。新潮社からピンチョンコレクションが出るという噂だし・・・と思ってあとがきをぺらぺらと立ち読みしてたら、その話が出てまして、すでに「メイソン&ディクソン」と「アゲインスト・ザ・ディ」の翻訳は完了済みで刊行開始も近いとのこと。「メイソン&ディクソン」はこのところ大人気の柴田元幸さんによる翻訳だそうです。
ヴァインランドの翻訳者である佐藤さんは「V」と「重力の虹」の新訳ををやっておられるようなのでこちらも楽しみ。
最新作(タイトル忘れた!)もそのコレクションに入るのかなあ。なんか探偵小説のような設定らしいし、「ヴァインランド」や「競売ナンバー49の叫び」の路線っぽい感じで読みやすそうなんで早く読みたいのだけれど。
ついでながら、スティーブエリクソンの新作も出てましたね。読みたいのだけれど、「真夜中に海がやってきた」とつながってる部分があるようで、そっちを先に読まないとだめかなと思って、これまた買い控えました。結局何も買うことなく帰ってきました。ははは。

« ロシア文学講義 / ウラジーミル・ナボコフ | トップページ | ピーターガブリエルの新作のこと »

コメント

ピンチョン全集、本当に出るんですね(笑)
とはいえ刊行されても即座に手に入れるかどうかは微妙なんですが・・

出るみたいですよ。奇妙な雑誌広告以来噂
ばかり先行してて出版社は沈黙したままだけど。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19066/32587776

この記事へのトラックバック一覧です: ピンチョンニュース:

« ロシア文学講義 / ウラジーミル・ナボコフ | トップページ | ピーターガブリエルの新作のこと »

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ