最近のトラックバック

« エンジョイ・ラビット | トップページ | MWALIKO / リオーネル・ルエケ »

2010年4月29日 (木)

私を離さないで / カズオ イシグロ

カズオイシグロという作家についてはこれまで1作も読んでません。「日の名残り」の映画をテレビで観た際、いったいなにが面白いのかわからず、はてな?という感じであまり印象がよくなかったです。原作は読んでませんので判断しようがありませんが、かなり評判になってたように思うのでたぶん面白いのでしょう。そういうギャップがあったのでかえって興味が沸いたような感じです。

「私を離さないで」は現在ある種の介護人のような仕事をしている主人公が、自分の育った寄宿学校のような施設での思い出や成長の過程、友人達とのエピソードなどを語る形式で書かれています。一見普通の学園生活を語っているように見えながら、その端々に普通ではない異常な何かの影がちらりちらりと見え隠れしている、ただそれがなんなのか読者にははっきりしない、そんな状況で物語が進んでいきます。淡々とした中に暗い影を少しづつ見せるその描き方が非常にうまく、先へ先へと興味を惹きつけられました。中盤当たりでただひとつの単語をさらりと差し込むことでネタをばらされますが、そのさりげなさは見事です。

僕としてはこれはSFだなあと感じました。ちょうど「アルジャーノン」のような感じの。

そういう小説を書く人だとは思ってなかったので少々驚きました。

« エンジョイ・ラビット | トップページ | MWALIKO / リオーネル・ルエケ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19066/34433506

この記事へのトラックバック一覧です: 私を離さないで / カズオ イシグロ:

« エンジョイ・ラビット | トップページ | MWALIKO / リオーネル・ルエケ »

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ