最近のトラックバック

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月21日 (月)

ローラのオリジナル / ウラジーミル・ナボコフ

昨日梅田に出たついでに買ってきてとりあえず通読しました。恐ろしく読むのが遅い僕が短時間で読めたのは、そもそも内容が短いからです。

138枚のカードに書かれた未完の遺作ということでしたが、カードの中身はかなりしっかりできている部分もあれば、創作メモのようなものもありという感じです。

本書の構成は息子ドミトリーの序文のあと本文(各ページの上段にナボコフの自筆の創作カードがあり、下段にその翻訳が書かれています。)、それから英語による本文、そのあと中田晶子と若島正両先生による詳細な解説が収録されており、非常にありがたい内容となってます。

未完の小説ということですが、途中で終わってるというわけではなく、構成そのものがまだはっきり定まっていない状態であり、作家がどのように完成させるつもりだったかは想像するしかないというしろものです。小説を書くのに創作カードという形で執筆するというのは、ナボコフの常套手段なのだそうで、そういった創作過程が見れるというのはなかなか興味深いと言えます。

しかし研究者でもない普通の読者としてはやはり完成形で読みたかったなあというのが正直なところです。若島先生のごとく原書から様々なヒントをくみ取って作品を再構成するという楽しみ方ができればいいですが、そこまでの根気も能力もない僕としてはとりあえず、もともとこういうバラバラのカードというスタイルで書かれた小説として読むしかないですね。ナボコフという作家ならばそんなような手法で小説を書いてもおかしくないように思えるので。

そういえばヴォネガットの小説に広告やレシートなどの裏に書かれた無数のメモという設定で書かれた小説がありました。ホーカスポーカスだったかな。

とにもかくにもローラのオリジナルという小説はほんの少しその姿をみせてくれましたが、その本来の姿は永遠に幻のままということで、なんとなくナボコフらしい感じもします。

ついでながら梅田の紀伊国屋ではこの本、小説の棚には置いて無くて、文芸評論のほうに置いてありました。

23183

2011年3月13日 (日)

ナボコフ新刊

少し前に話題になっていた「ローラのオリジナル」の翻訳が出るようですね。ナボコフの遺作というか、未完の作品のようですが、こんなに早く邦訳が出るとは思ってなかったのでうれしい限りです。以前から存在そのものは知られていたようですが、遺族の意向により出版されなかったと聞きました。翻訳は「透明な対象」と同じ方々みたいです。
実のところ積読状態の本がたまってるため、辛いけどやっぱり買っちゃますね、これは。ピンチョンの「V」新訳も予定通りなら今月末に出るはずだし、経済的にもきびしいんだけど。作品社という出版社の出版予定を見たら「ナボコフ短編全集」ってのもあって、これ、もしかしたら以前上下2巻で出てたのと同じ内容なのかな。上巻だけ持ってるんだけどどうしたものか・・・・・

2011年3月 4日 (金)

LIVE IN MARCIAC / BRAD MEHLDAU

メルドーの新譜。2006年8月のフランスでのソロ・ライブです。
ピアノソロということで、叙情的な演奏なのかと思ったら、おそろしくテクニカルな演奏で少々びっくりしました。DAY IS DONEに入ってたMARTHA MY LOVEを聞いた方ならわかると思いますけど、相当な技巧を屈指した演奏ばかりです。同曲も再録されてます。非常に複雑な演奏なんですけど、どの程度準備されてるのかなあ。MARTHA~を聞く限りは少なくともテーマ部分はかなり決まったアレンジで弾いてるようですね。
ジャズのみではなく、クラシック的なリズムやアレンジも見受けられ、多彩な演奏を聞かせてくれます。トリオの演奏でも従来のピアノトリオにはないリズムでの演奏がよくありますけど、ソロのほうでもどちらかというとジャズ的でないリズムを多用してます。
ライブ映像を収録したDVDも付いててほとんどの曲が映像でも観れます。かなりお得感がありました。
日本版は今のところ予定されてないようですけど、なんでだろう?
タワーレコードではかなりプッシュされてる感じで売ってました。

Marciacbmehldau


« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ