最近のトラックバック

« ローラのオリジナル / ウラジーミル・ナボコフ | トップページ | メメント »

2011年4月10日 (日)

物質的恍惚 / ル・クレジオ

昔、難解で良くわからなかったアラン・ロブ=グリエを最近ひっぱり出してきて読んでみたら、なかなか面白かったので、同じ感じでクレジオも読めるかと思ったけど甘かった・・・。

これは小説ではなくエセーということになってますが、クレジオの場合、あまり関係ないですね。ものすごい言葉の奔流に、どこに向かっているのかもわからぬまま、もみくちゃにされてるような感じでした。そもそもタイトルの意味もよくわからないんだからどうしようもないですね。非常に些末で具体的な話から壮大な抽象へと、ものすごい振幅で振り回されるなかで、ふと腑に落ちる部分があったり、共感が遠ざかったり・・・。自分と他人、自分と世界というものの垣根がどんどん取り払われてどんどん拡散し、融合していくようなイメージなんですけど、僕には少々詩的かつ哲学的過ぎるようです。

昔読んだ「大洪水」を再読しようかと思って実家から持ってきてるんだけど、なかなか読む暇がなくてそのままになってます。ピンチョン全集もどんどん出るしちょっと先になりそうです。

ピンチョンの「逆光」を漸く数ページ読み始めました。なんか宮崎監督のアニメみたいな出だし。どんな展開になるのか楽しみです。

3751070

« ローラのオリジナル / ウラジーミル・ナボコフ | トップページ | メメント »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19066/39551728

この記事へのトラックバック一覧です: 物質的恍惚 / ル・クレジオ:

« ローラのオリジナル / ウラジーミル・ナボコフ | トップページ | メメント »

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ