最近のトラックバック

« お? ナボコフの新刊が出てる・・・ | トップページ | パロマー / イタロ・カルヴィーノ »

2011年9月25日 (日)

カメラ・オブスクーラ / ナボコフ

一般的にみればどこがいいのかわからないような薄っぺらな少女に振り回される中年男が主人公で、物語の後半は車での旅行という展開を考えればロリータの原型といわれているというのも理解できます。以前翻訳されていた時のタイトルが「マグダ」というヒロインの名前であったのもロリータを意識してのことかもしれません。

ロリータとの違いは少女がより悪女として描かれており、逆に中年男クレッチマーがずいぶん善人として登場している点です。ハンバートはクレッチマーに比べれば、けっこう策略家であったように思います。(ところでクレッチマーって名前、心理学者にいたような気がするけどなんか関係があるのかな。)ということで読んでてクレッチマーが気の毒でしょうがなかったですが、それ以上にもうひとり出てくる登場人物のあまりの性格の悪さに少々気分が悪くなりました。あんまり書くと話の展開につながるのでやめときますけど。

随所にナボコフらしい表現、文章がちりばめられており、うれしかったです。

ナボコフの他の小説と同じくいろいろな読み方ができそうですが、表面上は、特に後半サスペンスとして楽しめます。実は最後のところがちょっとわかりにくくて、あほな僕にはちょっとすっきり理解できない部分が残りました。どこかに伏線があったかもしれないから、またチェックする必要がありますね。

全体としてそれほど読みにくい小説ではないのでナボコフ入門として翻訳者の方は勧めていますが、僕はどうせ読むなら「ロリータ」の方をお勧めします。

41ckcgz7mgl__ss500_

« お? ナボコフの新刊が出てる・・・ | トップページ | パロマー / イタロ・カルヴィーノ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19066/42017085

この記事へのトラックバック一覧です: カメラ・オブスクーラ / ナボコフ:

« お? ナボコフの新刊が出てる・・・ | トップページ | パロマー / イタロ・カルヴィーノ »

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ