最近のトラックバック

« 孔子伝 / 白川 静 | トップページ | アスディワル武勲詩 / レヴィ・ストロース »

2012年1月29日 (日)

ラピスラズリ / 山尾 悠子

はやくも文庫化された山尾悠子さんの短編集。早速読んでみました。これが長い沈黙後の最初の作品のようですね。だいたいどうして書かなくなられたのかよく知らないのですが、一定のペースで作品を出してくれていて嬉しい限りです。

冬眠者という冬の間寝てしまう代わりに老化が遅く寿命も長いという一族に関わる連作小説ですが各々の作品の味わいは結構違うものがあります。一番長い中編「竈の秋」なんかはかなりグロテスクなイメージで、ちょっと仮面物語と質感が似た感じがしました。

全体に物語の設定が何時、何処なのかわからない、ちょっとつつくと崩れ落ちそうな世界の中でものがたりが展開されている感じで、実際に各ものがたりは最後の一文を読み終えた後、その小説世界そのものも泡となってはかなく消えてしまったような印象を残して終わってしまいます。

山尾悠子さんの小説はいつも時間の進行、空間の移動がとらえにくくて僕はいつも読むのに苦労してしまうんですが、そのためもあって誰か(または何か)の夢想の中の物語を観ているような不思議な感じがあり、そのあたりが面白くてやめられないですね。前にも書いたように思いますが視覚的イメージの文章化ということでは非常に特異な才能だと思います。Lapislazuli

« 孔子伝 / 白川 静 | トップページ | アスディワル武勲詩 / レヴィ・ストロース »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19066/43912924

この記事へのトラックバック一覧です: ラピスラズリ / 山尾 悠子:

« 孔子伝 / 白川 静 | トップページ | アスディワル武勲詩 / レヴィ・ストロース »

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ