最近のトラックバック

« 残虐行為展覧会 / J.G.バラード | トップページ | TIM MILLER TRIO »

2012年7月22日 (日)

緑の家 / バルガス・リョサ

リョサがノーベル賞作家になる少し前ぐらいに、ブログのなかで近々読みたい本としてこの小説を挙げていたんですが、ようやく読むことが出来ました。だいぶ年数が経ってしまいましたけど。
南米の作家の面白いところは文学的実験性と、ある種プリミティブといってもいいような物語性が混ざり合い、同居してるような不思議な小説世界にあると思います。最初読み始めると、時間的にも空間的にもばらばらに構成された複数の物語が同時進行で語られるため、話の前後関係が非常にわかりにくいことになってます。しかもそれぞれに文体が違っていたり、登場人物の語る過去のエピソードと語られている現在の状況が継ぎ目なく書かれていたりしていて、なかなか凝った構成になっているので、ちょっと読み慣れないと混乱してしまうかもしれません。
そのくせ、その中で語られる物語はかなりオーソドックスなもので、特にマニアックな文学好きでなくとも楽しめるような内容になっており、そのあたりの奇妙なバランスが大変面白く感じられます。読み進むにつれ、ばらばらに語られた物語が次第に読者の中で再構成されていくような仕掛けになってます。
ノーベル賞受賞後リョサの小説は入手しやすい状況になっているのでまた別のものも読もうと思ってます。
以前「パンタレオン大尉と女たち」(だったかな?)というのを読んだはずなんだけどこれも内容がぜんぜん思い出せないので再読できればと考えています。いつになるかわからんけど。
Green


« 残虐行為展覧会 / J.G.バラード | トップページ | TIM MILLER TRIO »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19066/46421136

この記事へのトラックバック一覧です: 緑の家 / バルガス・リョサ:

« 残虐行為展覧会 / J.G.バラード | トップページ | TIM MILLER TRIO »

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ