最近のトラックバック

« プニン / ウラジーミル・ナボコフ | トップページ | 大晦日 »

2012年11月10日 (土)

MOON PALACE / PAUL AUSTER

たまたま入った古本屋さんに置いてあったのをだいぶ前に買っておいたものです。300円でした。オースターの最近の小説はご本人の年齢に合わせてか、かなり主人公が高齢であることが多いように思います。でも、これは青年が主人公で一種の成長物語ですね。

シングルマザーの母親に先立たれ、音楽家の叔父に育てられた大学生が一皮むけて大人になっていく過程を描いたストーリーですが、そこに出てくるエピソードは実にオースターらしいものです。

おもしろかったんですが、僕の語学力不足せいで、ひとつ大きな勘違いをしていたことが終盤になってわかり、「え?そうだったの?」って感じになってしまいました。あまり詳しく言ってしまうと読んでない方に申し訳ないのでやめときますが、かなり重大な読み違いをしておりました。・・・そういえば途中で変だなと思うことが一か所あったんだけど。

それにしても読むのに時間がかかってしまいました。並行して何冊か読んでたせいもありますけど、どんどん集中力がなくなってきてる感じがしてやだなあ・・・

« プニン / ウラジーミル・ナボコフ | トップページ | 大晦日 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19066/47796250

この記事へのトラックバック一覧です: MOON PALACE / PAUL AUSTER:

« プニン / ウラジーミル・ナボコフ | トップページ | 大晦日 »

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ