最近のトラックバック

« without a net / ウエイン・ショーター | トップページ | ドグラマグラ / 夢野久作 »

2013年3月31日 (日)

ナボコフの文学講義(上)

ナボコフはロリータで脚光を浴びるまで、アメリカの大学で文学講義を行なっていましたが、これはそのうちのヨーロッパ作家についての講義内容を集めたもの。上巻ではジェイン・オースティン、ディケンズ、フロベールが取り上げられています。もともとは1冊で出てたのを分冊で文庫化したものなので、本来上下巻読み終えてから感想を書くべきなんだろうけど。下巻に今後読もうと思ってるユリシーズが取り上げられているため、できれば原本を読んでからナボコフの解説を読むつもりにしています。いつになるかわからないので結局先に読んじゃうかもしれないけど。

以前ロシア文学講義を読んでいるのですが、形式的には同じような感じでした。
非常に緻密に小説の構造(構造主義分析ということではないです)を検討していくナボコフの講義は非常に面白く、僕のように原本を知らない無知でも十分楽しめます。
これ読んでると当然原本を読みたくなるんですが、ディケンズは長いし、他は基本的に恋愛小説だしなあ・・・・。そういえばロシア文学講義でナボコフ絶賛のアンナ・カレーニナの映画が公開されるようですね。
ボヴァリー夫人も読んでみたいんだけど、その調子で読んでるとどんどん積読状態がひどくなるから困ります。
最近こういう作家による文学案内みたいなものがよく文庫で出てますね。エーコとかカルヴィーノとか(ってこの2例だけなんだけど)。こちらも読みたいけど、ほんとに今たまってる本をどうにかしないとね。
ところでこの前書いたピンチョンの新作、ほんとに出るみたいですね。9.11がらみの内容?

« without a net / ウエイン・ショーター | トップページ | ドグラマグラ / 夢野久作 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19066/51038864

この記事へのトラックバック一覧です: ナボコフの文学講義(上):

« without a net / ウエイン・ショーター | トップページ | ドグラマグラ / 夢野久作 »

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ