最近のトラックバック

« 時計じかけのオレンジ & どこまで行けばお茶の時間 /アントニイ・バージェス | トップページ | Back to front / peter gabriel »

2014年6月28日 (土)

マクダ / ウラジーミル・ナボコフ

つい買ってしまいました。

光文社文庫から出ている「カメラ・オブスクーラ」と同じ作品です。原書の版が違うようなので若干の違いがあるんでしょうが、どちらもロシア語からの翻訳。訳者が違うので当然文章は違います。(あたりまえか)

知らずに買ったわけではなく再読しようと思って購入しました。

さてどちらの方が良かったかというとどちらも良いのですが、当然2回目の今回の方が理解が深まった気がします。いろいろ発見もありましたし、ナボコフらしいうまさも感じられました。

訳文については1点だけ気になったことがあります。自分の無教養をさらすようで申し訳ないんですが、今回の訳文では時々あまり見慣れない漢字の使い方がされており少々困りました。初めて見る漢字も1つあり、思わず辞書で調べましたが、確かに存在していました。また二字熟語にフリガナを振る用法が使われてる箇所が結構あったんですけど、あまり見慣れない使い方でした。訳者の年齢によるものなのかもしれません。おいくつなのか知りませんけど。

ともあれ、ナボコフらしい、よくできた小説です。

それから、ついに再版されましたね、「青白い炎」。非常に読みたかった本なので即手に入れましたが、まだ未読です。楽しみだなあ。

« 時計じかけのオレンジ & どこまで行けばお茶の時間 /アントニイ・バージェス | トップページ | Back to front / peter gabriel »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19066/56638215

この記事へのトラックバック一覧です: マクダ / ウラジーミル・ナボコフ:

« 時計じかけのオレンジ & どこまで行けばお茶の時間 /アントニイ・バージェス | トップページ | Back to front / peter gabriel »

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ