最近のトラックバック

« 2017年1月 | トップページ

2017年2月 9日 (木)

重力の虹 / トマス・ピンチョン

ピンチョンの代表作 。新訳を漸く読み終えました。とりあえず。
余りに長大、あまりに複雑、あまりに多い登場人物、錯綜したエピソード。
とても把握しきれない、というのが正直な感想です。
国書刊行会版で昔々2~3回読んではいたのですがそのときは殆どついていけずはてなマークが飛び交う状態でした。
さて今回の新訳で一番助かったのは下段に脚注が付いていたことと巻末に索引があり、登場したページが検索できる点です。人によっては大きなお世話と感じる人もいるかもしれませんが僕は大変助かりました。
訳者によれば2回読めば理解できることを目指したそうですが、僕はもう少し時間がかかりそうです。
何せ読むのにかなりエネルギーがいるので、いつ再読できるかわかりませんが、まだ何回か読みたいと思ってます

2017年2月 5日 (日)

天のろくろ / アーシュラ K ル グイン

実家に残っていた未読本発掘シリーズ。79年発行になっているので36,7年前に購入したことになる。積読にもほどがあるなあ。
久しぶりにSFを読んだって感じです。グインは当時「闇の左手」っていう作品で有名だった記憶がありますが最近(?)ではやはりゲド戦記でしょうね。どちらも未読ですが。というより本作が初グインなんですけどね。
時代設定ははっきりしないけど登場人物の精神科医が62年生まれとありますので、丁度今ぐらいかなあ。
オーウェルの1984などと同様SFの近未来が現実の時間に追い越されたって感じです。
主人公は夢に見た内容が現実化されるという能力があり、一旦変更されてしまったら、他の人は過去に遡ってその変更された現実の記憶しかなくなってしまうことになります。従って誰も何の不信もなく主人公のやったことにも全く気づかず生活することになります。逆に言えば主人公がいくら俺には現実を変える能力があると言ったところで誰からも信じてもらえないことになります。また夢の内容がどのように現実世界に影響を与えるかはコントロール出来ないためいろいろ不都合なことが起こることもあります。
話はこの事実に気がついた精神科医がこの能力を使って現実が抱える問題を解決しようとするというものです。1980年頃の人口の急激な増加による食料問題、温暖化、各地で起こっていた紛争などを解決しようとするわけです。結果どうなったかは何と無く想像できると思いますがこういう小説ってどうやって終わるのか大変難しいと思います。 ちょっと違った方向にひねって終わらせたって印象です。いかにもSF的というか…。とりあえず最後まで楽しめました。

« 2017年1月 | トップページ

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ